読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森と庭の管理人(仮称)

副理事長.森と庭を管理する。

【森林を伐り開く】

f:id:yuplog:20170517183828j:plain f:id:yuplog:20170517183809j:plain

f:id:yuplog:20170517183844j:plain f:id:yuplog:20170517183848j:plain 

弊社演習林。

大変に荒れ果てた,大きめな道路沿いの斜面林で,

ゴミ捨て場になっていたクヌギ林で,

地方中都市の典型的な,価値の低い森林である。

4年前,この森林の小さな区画を自分で購入し,調査を行ったところ,

実はここは大変な生物資源の宝庫であることがわかった。

トンビが営巣し,オオルリが訪れ,ウグイスがさえずり,フクロウの声がする。

ニホンリスが顔を見せ,野うさぎが雪の中をはね,タヌキがそっと死んでいる。

ミツバやノビル,ノカンゾウが収穫でき,カキドオシのカーペットが広がる。

ヤブラン,オオハナワラビ,オモトも林床を飾る。

中心市街地から車でわずか5分,距離にして数キロ圏内のこの山を,

ただのゴミの山にするには惜しいということで,

昨年から,森林・山村多面的機能発揮対策交付金を申請し,

森林を切り拓いている。

昨年度は,過密な森林やヤブを切り開き,

美しいカーブを描く作業路と,小さな歩道を造成した。

今年は森林整備である。

秋には,きのこ山施業を行う予定でもある。

様々な森林や自然関係の専門家が関わるのが,私の職場なのであるが,

この人的資源を生かして,どういう小さな森林造成できるのか,まだわからない。

治山技術者たちによる地形判読調査によって,

本林地は,地下水位が高く,地滑り地形を有した

造林不適地であると判断されたが,この林地を,

どのように価値の高い場所にしていくかはについては,

私たち風致の人間や,植物屋,菌類屋の出番である。

実作業でも,アーバンフォレストリーさんの仕事は相変わらず,美しく,

林道技術者の岩谷さんの各図面は曲線美に溢れている。

この交付金を少しでも有効に使用し,

無価値として放置されていた森林が,どのように蘇るのか,ちょっと楽しみだ。