読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森と庭の管理人(仮称)

副理事長.森と庭を管理する。

【KunstとTechnik クンストとテヒニク】

森林美学 技術 雑記

f:id:yuplog:20160605150316j:plain

Kunstと言う言葉は,明治期にドイツ語の書物の中で,
西周によって「藝術」と訳された,日本では比較的新しい言葉だそうです。
当時のドイツ林学の中で,「Forst Kunst」という言葉があります。
日本では大正期に紹介され,「林業藝術」と訳されました。
林業にゲージュツとはけしからん!!と,
ずいぶん,当時のお偉いさんたちは怒り,
林業藝術論争なる,大げんかまで繰り広げられたそうです
私自身も,「技術」と「藝術」を一緒くたにするなんてと,
違和感を持っていたものです。

ーーーーーーーーーーーーーー

さて,このドイツ語の「Kunst」。
前述したように,「藝術」には違いないのですが,
「藝術」を意味すると同時に,
語義は「技術,技巧」をも意味しているそうで,
ドイツではこのように,
「技術」と「藝術」の線引きが曖昧な部分があるそうです。
自由自在に技術を駆使し,美しく創造的な仕事をする。
ギルド制度から連綿と,ドイツの伝統でもあるとのことです。
また,ドイツのマイスター制度では,
技術が「Kunst」として能わなければ,認定がなされないとも聞きました。
これは当然のことであって,
「藝術」は本来技術,きめ細かい技巧の裏づけがなければ成り立ちません。
林業に「Kunst」という言葉を用いたのは,
こうした語義を考えるとごく自然なことだったのだと思いました。

ーーーーーーーーーーーーーー

日本で「Kunst」に該当する言葉はちょっと思いつきませんが,あえて言えば
職人の工芸的な技能とでも言えばいいでしょうか。
真田丸の題字の,挾土秀平氏の仕事などは,
「Kunst」に当たるだろうと思います。
確かにあれは,「藝術」の域に達していますから。
一方で,工学・工業的な技術を表す「Technik」という言葉があります。
これは,「Kunst」と厳然と区別されているそうです。
昨日,ドイツ文学の大澤先生が弊社にお見えになって,
上記一連のお話を伺いました。
現行の林業は,なぜか「Technik」を重視しますが,
空間の特性上,林業は「Kunst」で行われる方が妥当ではないでしょうか。
我が師匠であり,心の友でもあった荒山雅行さんの林業の施業は,
明らかに「Kunst」の領域の仕事でした。

ーーーーーーーーーーーーーー

さて,6月7日から2週間ほど入院します。
帰って復帰したら,たくさんの友人に手伝ってもらって,
私も,「Kunst」に値する山づくりを心がけたいと思っています。
お楽しみに!