読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森と庭の管理人(仮称)

副理事長.森と庭を管理する。

模型のチカラ!

昨日は,大先輩から素晴らしいメールが届きました.


f:id:yuplog:20150927080341j:plain f:id:yuplog:20150927080342j:plain

弊社代表理事がずいぶん若い頃に,「森林風致計画学」という本を執筆しましたが,そのときに行った「風致間伐」という間伐方法を,データから模型に起こしてくださったものを,写真にして送ってくださったのです.

f:id:yuplog:20150927080343j:plain

これが間伐前の林分

f:id:yuplog:20150927080344j:plain

そしてこちらが間伐後の林分

f:id:yuplog:20150927080346j:plain

間伐前(上空から)

f:id:yuplog:20150927080349j:plain

間伐後(上空から)

 

実は,私はこの事例地の10年後くらいの森林を調査しています.

10年で森林の様相はずいぶん変わったことは,データからわかるのですが,

調査時点では,間伐時の森林のリアルは知らなかったので,

感慨深く模型を拝見しました.

リアルに作られた模型は,現在と過去の時間をつなぐのですね.

こんな状態だったのか…と何度も見直しています.

模型を作ってくださった先輩は,「景観模型工房」という会社を営んでいる,

盛口さんです.

お仕事を拝見すると,模型は時間や空間スケールの大小をつなぐ存在なのだと,

感じました.

先輩,どうもありがとうございました.