森と庭の管理人(仮称)

副理事長.森と庭を管理する。

【日本語「森林美学」の立ち読み情報など】

本日発売となりました,日本語版「森林美学」。 私は英語序文や,林業的施業の部分,信大の学生さんたちの翻訳の直しを含め 70ページ程度を翻訳に関わったのみならず, 全体の文章のチェック,地名・人名の直しなど,裏方業もさせていただきました。 9年間,…

【先週はイロイロ】

先週末は,マツ枯れアカマツの伐倒作業。 今回のこの作業の補助金申請から実行〜実績報告までの親方業。 何かと批判の多い補助事業ですが,明確な趣旨をもち, それが事業と合致した場合は,きちんと書類を揃えて申請する。 ごくごく当たり前の作業は,実は…

【なぜ森林美学だったのか】

よく森林美学について調べています,というと,多くの人は 林学を先行しておいて,なぜスギ・ヒノキの山に関して研究しないのか, と言うご質問を受けます。たまにはお叱りも受けます。 私は幼少の頃,ベルギーというヨーロッパの小国で, 小学校2〜5年生ま…

【とりあえずご報告をば】

つい先日,出版社の社長さんとお話をしていたら, 「この本の話が最初に出てきたのは2009年の…」 「ええーっ,そんなに前…(絶句」 本当に,ずいぶん長くかかって申し訳有りませんでした。 一昨日やっと,出版社さんから出来立てほやほやの、 日本語版「森林…

【ゲーテと植物形態学】

ゲーテといえば,文豪としてその名を知らない人はいません。 しかし彼が,自然科学の超オタク(高い専門性を有する者)であり, その中でも色彩論に次いで, 植物形態学樹立の立役者というのは,存外知られていません。 私もよく知りませんでしたが, 森林美…

【ハラスメント】

巷で様々なメディアにハラスメントが掲載され,枚挙にいとまがありません。 振り返れば,自分の人生も「ハラスメントの森」のようでした(笑 いくつか大きなものをあげれば,造園設計会社勤務の際, 支店長の愛人のクラブに同行させられ,浮気の隠蔽工作員を…

【足元を固める話】

昨日は,弊社で販売予定のクロモジウォーターの原料採取を兼ねて,某山地帯へ。 クロモジは地位指標植物で,地位Ⅲという結構高い場所に生息します。 そのせいか,山はかなり多様な植物で溢れ,歩くのも楽しかったです。 写真はその山で見つかった植物たちで…

【ビルの谷間の雑木林 大手町の森】

4月の出張の際に,以前からいってみたかった大手町の森を見学してきました。 先日学会の作品賞を受賞されたので,とても興味を持っていました。 この森は,わざわざ千葉県君津市から土壌ごと,森林を移植してきたとのこと。 で,現場を見てみると,本当に,…

【美しさは,それを作るものの意思が必要(長文です)】

4月20日,21日は橋口学先生のレッスンでした。 このレッスンは毎回,植物の美しさを考えさせられる時間で, これまでの人生で最高に楽しい一時です♪ 今回は,丹頂アリウムを用い,「植物の動き・調和と対比」と言うテーマで 造形デザインを行いました。 写真…

【もうすぐ…らしいです^^】

森林美学の翻訳本が,やっと9割がた完成しました。 北海道大学に関連する研究者の方々を中心に, 同大学出身の弊社理事長の関係で,弊社に関係する研究者も含めた 大勢で翻訳を行った本です。 先日,友人の八田智幸さんにお願いした表紙デザインも, 実物大…

【明日も現場】

明日(今日)は安曇野の現場ということで,先ほどまで準備でした(今AM2:00前)。 現場では,林業技術であり樹木医さんでもある知人の方と, それから職場のGIS担当の若い同僚と一緒に,喫緊の課題であるマツ枯れについて, 現場を見て今後の方針を具体的に…

【昨日はヤドリギ会議】

昨日は京橋でヤドリギ会議がありました。 ヤドリギ会議は,ヤドリギ好きを自認する方々で年1回開催するイベントで, ジャンルを問わず,ヤドリギに関して収集した知見などを自由に発表する場として, 7年前から始まりました。 私も多分第3回くらいの時か…

【検査の準備だというのにw】

今日,明日は雨や雪という予報が出ていたため, 検査のチェックのために現場へ。 途中,山菜が目について,仕事中だというのに上司の目を盗んで ものすごい速さで,採取してしまいました^^ 不真面目この上ありませんw 蕗は花が開いていた上に少なかったの…

【春のリース】

泣くほど忙しい最中なのですが, 親族のお誕生日ということで,なにかプレゼントを,と思い立ち, 採取したり,親の庭から送ってもらったりした花々をドライにした 秘蔵の「ドライフラワー貯金」(笑)を出してきて, 春のリースを作って送りました。 なんだ…

【大木を育てる事の難しさと素晴らしさ】

検査の準備で大わらわですが,ブログ書いちゃいますw 私の師匠である,故・荒山雅行さんは訪ねて行くと必ず, 山の樹木1本1本がどのように育ってきたかを,丁寧に解説してくれました。 大学での授業は,林地を面的に・樹木をマスとして取り扱ってきたので, …

【ザーリッシュの森】

ポーランドへ行きましたって情報だけで,いったいどこに何をしに行っていたの? と,ふと,友人から聞かれまして, 今更ながら,肝心のザーリッシュの森林など,見学に行った部分を 全く紹介していない! という粗忽さに気づいたのでした。すみません〜 しか…

【すべての人々に♪ 今日はミモザの日】

今日は,男性が女性にミモザを送る,ミモザの日らしいですね。 字面からして,バレンタイン的なアレかと思っていたのですが, この日の背景は,とても深淵だったことを知りました。 国際女性デーとは(コトバンクより): 3月8日。1904年にアメリカ、ニュー…

【燻製大会!】

一昨日,3月4日(日)は,職場主催の燻製大会@社有林 を行いました。 参加者さんの大半は,実際に燻製を行うところをご覧になったことがないとのこと, 予想以上に大反響で,とても嬉しかったです^^ 燻煙は,市販のウッドチップの類は使わず, 社有林の…

【山で作業】

昨日のマイマイガの調査補助に続き,今日はきのこ山施業実験。 実験の前に,土壌硬度と酸度を測定し,その後,地かきをしました。 これが曲者でずいぶん疲れてしまいました。 長年地かきをせずに堆積した有機物層って,結構な体積と重さがあるのですね。 こ…

【今日は調査補助 明日は…】

今日は友人の,マイマイガの調査(調査内容は知らないのですが)の補助です。 廃盤となったT-10が,専門外の調査に引っ張り出されるとは思いませんでしたが, ちょっと役に立ちそうで,嬉しいです。 明日は,社有林のきのこ山施業実験を行います。 通常行わ…

【自分にとっての故郷「東京」】

家は転勤族で,国外も含めて10カ所以上転々としていましたので, 東京出身とは言っても,小中高を過ごしただけなのですが, 東京は自分にとっての故郷と思っています。 杉並区に少し,そしてほとんどを,世田谷区奥沢という地域で過ごしました。 この辺り…

【どうもありがとうございます】

ここのところ,何人もの方からメールやメッセージ, ブログへのコメントをいただいています。 どうもありがとうございます。 私事により,昨年末からバタバタしていましたこと, このはてなブログの使い方がイマイチ判然とせず,戸惑っていたことにより, 不…

【植物造形デザインを学ぶ】

昨年からぼちぼち,ドイツ国認定フロリストマイスターの橋口学先生のもとで, 植物造形デザインの理論を学びに行っています。 ドイツのフロリストデザインは,1900年初頭に バウハウス出身のフランツ・コルブラントによって体系立てられたそうです。 ザーリ…

【ヤドリギ】

またこの季節が到来しました。 ヤドリギとのおつきあいも,5年くらいになったでしょうか? この間,ずいぶん色んな方々から,ご商売としてのお問い合わせいただきました。 しかし弊社は,来年度はもしかしたらプロジェクトは行わず, この不思議な植物の偏…

【ポーランド行ってましたw】

9月の初旬に,ポーランド行ってました。 ご報告が著しく遅れてすみません(汗 あまりに忙しく,目まぐるしく時間が経過してしまい, ブログを開くこともままならなかったのです。 深謝します。 で,そのポーランドの様子,写真が多すぎるので, FB個人のペー…

【昨日は森林作業】

昨日は森林内作業であった。 久々に汗をかき,自分の生きる場所としての森林に,改めて愛着を感じた。 周辺環境,植栽基盤である地形や土を見る,水の条件を調べる, 植物の特性を捉え,環境にあった方法で植物を生育する。 これらはひとつひとつ,専門分野…

【ルールは大切かもしれません】

書類仕事をしている合間に,とある原稿の初校が届きました。 自分の書いたものが印刷物になることは,本当に身が引き締まる思いです。 私なんかが書いてもいいのかなあと思いつつも,気を強く持って, 一生懸命取り組みたいと思います^^ 先日は,そんな最…

【人ありき】

1週間ほどブログを書いていない事を思い出しました。 忙しいわけではなく,「忙しかった」あとのつかの間の骨休めをしてました。 なぜだか,この骨休めの時は,何も考えられない, 何もしたくない病気が発症するので,要注意です(笑 この間,6月4日は,…

【朴葉寿司を作る,色々考える】

裏庭に,ホオノキが植えられている。 大きくなる木だが葉っぱが欲しいので,小さく仕立てながら育てている。 今年も葉っぱを採取し,酢飯に余り物をのせて,簡単朴葉寿司を作成。 いろいろ伝統的なレシピもあると思うが,何を具材にしても大丈夫そうだ。 毎…

【不定形で多様で,小規模な森林こそ最良】

標記は造林の父,ガイヤーがその著書 Der Waldbau(造林学)に書いたらしい名言 (らしいってのは,別に読んでないからw)。 毎日の散歩で,ナルホドと実感すること多々あり。 3枚目の写真は,倒木か伐倒か不明だが,小さな林冠ギャップ。 じっと見ていると…